XM口座開設ボーナス【受取り方+有効活用トレード術】

XMボーナス

海外FXといえば、口座開設や入金時にボーナスがもらえるのは半ば当たり前のようになってきましたが、実は欧州ではESMAの規制が強化され、ボーナスプログラムというのは完全廃止に追い込まれるようになっているのです。

他国では同様の動きは加速していませんが、今後益々ボーナスは簡単に手に入れることができない存在になりそうで、現状でしっかり付与してくれる口座は非常に貴重な存在になりつつあるのです。

■XMTradingでのボーナスの受け取り方

その昔キプロスで口座を開設できた時には、口座開設と同時にボーナスはプレゼントになっていたのですが、最近のXMのセーシェル口座は自ら口座開設ボーナスが必要とクリックしないともらえないようなので、そこだけ注意が必要なようです。

これは欧州圏以外に居住している人たちを対象としていることから、宗教上の理由でスワップポイントやボーナスを必要としないという人が存在することに対応したもので、東南アジア圏のトレーダーに配慮したものといえます。

XMTradingの新規口座開設では、まずマイクロ口座かスタンダード口座を開設し、マイページからボーナス申請を行います。

このときZERO口座の開設ではボーナスがもらえませんので、まずはマイクロ口座で開設してみるのが重要です。

足元では口座開設から30日以内にボーナス受け取り申請をしませんと、自然消滅してしまいますから十分な注意が必要です。

XMボーナスの受け取り方

これをクリックしますと携帯番号を確認され、認証コードを送られてそれを入力することになります。

XMボーナスの認証コード入力画面

認証コード自体は携帯番号に届くのではなく、あらかじめ口座開設時に設定したメールアドレスのほうに届きますので注意が必要です。

認証コード入力は、三回以上入れ間違えるとリセットで最初からやり直しとなります。

また認証コードは発行から1時間以内が有効で、その後は消滅してしまいますから急いで入力することが必要です。

XM口座開設ボーナスの受け取り手順

すべて完了しますと、このような画面が表れて、MT4には3000円が反映されることとなります。

■口座開設ボーナスをどう活用するべきか

3000円という口座開設ボーナスは少なく見えるかもしれませんが、25倍のレバレッジ環境でいえば10万円相当に匹敵しますので、実はそんなに少ないというわけではありません。

また海外FX業者がESMAの規制を受けて、ボーナスプログラムを廃止する中にあっては、XMのセーシェル口座は異色の存在となっていることも事実です。

競合他社と比べても1000通貨単位の売買から利用できますので、じっくり対応して少しずつ資金を増やすという気の長い方はこれだけで勝負し始めるのもいいでしょう。

実際競合社と比較してみた場合、FBSも口座開設ボーナスを50ドルほど支給してくれますが、こちらは500倍のレバに1万通貨の取引ですから、ドル円で1つポジションを作った途端に2500円しか証拠金は残らず、30銭相場が動いてしまうとすべて無くなってしまいそれでおしまいという本当のお試し状態で、ここで金額を増やすのは至難の業といえます。

それに比べればXMTradingの3000円ボーナスはかなりましですが、それでもこの証拠金だけで売買するというのは相当至難の業となることは間違い荒れいません。

もらう、拾う、ただの世界だけで取引できればもちろんそれに越したことはありませんが、本当に888倍のレバレッジの世界でお金を稼いで行こうと思うならやはり最初から違う方法をとるべきでしょう。

■入金ボーナスにさらに最低自己資金を投入するのが絶対おすすめ

ボーナスだけでトレードするのは確かに理想ではありますが、888倍というレバレッジを活かした場合には証拠金は少なくて済んでもまさかのときの含み損は売買ポジションのボリュームに合わせてでてくることになりますので、3000円で売買するならとてもでなないですが大きなポジションは持てないことになってしまうのが最大の難点となります。

そこで考えたいのは、1万円でもいいので自己資金をまず投入してみることです。

現状では20パーセントの入金ボーナスがありますから、1万円自己資金を投入することで1万5000円の原資を得ることができるようになるのです。

これは25倍のレバレッジ環境でいえば、実に375,000円を投入したのと同じ効果がありますから、それだけでも相当自由に取引ができるようになるのです。

XMボーナスを使ったトレード術

これだけの証拠金があればドル円で1万通貨ペアをベースにした取引も自由にできるようになりますから、格段に利益を出しやすくなり、1日にそれこそ5000円程度の利益を出すのも夢ではなくなるのです。

これを3000円から少しずつ増やしていったのでは、タイムスパンで考えた投資効率は著しく悪化することになりますから、まったく別の取引条件になったといっても過言ではないのです。

ハイレバレッジ取引を実際に始められた方はすぐに気がつくことですが、いくら証拠金が少なくても取引できるといってもある程度まとまった資金を投入しませんとその効果を享受することはできないのです。

逆にちょっと金額を多く入れれば、その効果は等比級数的に跳ね上がることになるのです。

少なくとも、この事実だけはしっかりと受け止めて売買していくことが極めて重要なのです。

■ボーナスだけで売買するのはハイレバ活用の視点から言えば邪道

多くのXM紹介サイトが、入金ボーナスだけでとりあえず取引してみることをお勧めしているようですが、実際に使ってみますとやはりたった3000円という証拠金充当額は含み損に耐えられませんから、相当神経質な取引を余儀なくされることになるのです。

ハイレバ初心者段階からこうしたナーバスな取引を強いられるのは決していいことではありませんし、ゲームとしては過酷な条件を乗り越えるという面白さがあるのかも知れませんが投資行動としては決してお勧めできるものではありません。

実際にこの環境で取引をしたことがないからこそ適当なことが書けるわけで、リアルに888倍の口座で儲けようと思うのならとにかく1万円でも3万円でも自己資金を投入すべきです。

ボーナスの部分はおまけとして、プラスαの資金として利用することこそが肝心なのです。

まずこのあたりの利用の仕方から大きくも間違えますと、せっかくのハイレバレッジを見方につけることはできなくなります。

■私が考えるXMボーナスの活用トレード術

実際に私が利用したXMのケースですと、口座開設キャンペーンにおけるボーナスはその昔も3000円でしたが、たまたま100パーセント入金のキャンペーン中でしたから500ドル相当がもらえるので5万円を入金しトータルで103,000円からスタートすることとなりました。

これは国内の店頭FX業者の25倍のレバ環境では、実に360万円強の資金に匹敵するわけですからかなり自在性が高まることとなったのです。

1日とにかくボーナスと自己資金の合計の10万通貨で、トータル10銭を毎日獲得するというかなり低いハードルを目標にしたところ、最初はバラツキがありましたが毎日とにかく1万円以上稼げるようになり1か月で投入資金5万円の6倍にあたる30万円を稼ぐことができるようになったのです。

もちろん利益ばかりではなく損失も出しますから、徹底した損切を履行したことは言うまでもありませんが、5万円はほぼ3か月余りで100万円にまで伸ばすことができるようになりました。

特に資金が増えてきますと、無理をしなくても儲けられそうなエントリーチャンスだけに厳選しても、楽に利益を出すことができるようになるため、資金の獲得効率も一段と高まることとなったのです。

もちろん最初の3000円だけから大きくなるのをじっくりまって我慢強く取引きするのも人生ですが、やはり一定の原資を投入することこそがハイレバでの取引の成功への近道となることだけは間違いありません。

XMサイドとしては、入金しなくても取引ができることが口座開設につながる大きなインセンティブとしているのかもしれませんが、海外FX業者のハイレバレッジ口座を利用する側は単に試しでXMを利用するのではなく本当に稼いでいくという真剣な姿勢があるのならば、やはり自己資金を最初から投入すべきです。

XMで小資金で稼ぐハイレバトレード手法

【XMの各種ページ案内】

XM公式サイトTOPページ⇒

XMデモ口座⇒

XMのボーナス⇒

XMの計算ツール⇒

XMのウェビナー動画⇒

SNSでもご購読できます。

コメントを残す