XMはレバレッジ888倍の取引きがオススメ

XMレバレッジ

ハイレバレッジに関しては、それぞれのユーザー独自の考え方があるかとは思いますが、やはり選択肢として1000倍に近いレバを利用できるようにしておくことが非常に有効な活用法ということができます。

そういう意味でいいますと、XMが提供する888倍のレバレッジは1000倍に近いものですから、非常に役立つスペックであるといえます。

なぜ888倍にしたのかはよくわかりませんが、25倍のレバレッジの実に35倍もの威力を持つわけですから、ハイレバを利用するならこれだけのレベルを確保しておくほうが絶対に利用価値が高いといえます。

XM公式サイト⇒

■証拠金活用率はハイレバ同士でも結構異なる

XMの証拠金活用率

ハイレバレッジなら、どこの業者を利用してもかなり効率的に運用ができると思われている国内の個人投資家の方も多いことと思いますが、実際400倍と888倍を比較してみますと、その効率は全くことなることがわかります。

888倍のレバレッジの投資環境に100万円の証拠金を持ち込んだ場合、実に25倍のレバレッジでいれば3500万もの資金を投入したのと同じ価値が生まれることになるのです。

一方400倍のレバレッジの取引環境で、100万円の原資を投入した場合には、25倍のレバレッジ環境では1600万円分の資金に換算することができます。

確かに25倍に比べれば、400倍でもそれなりに大きな資金を運用したのと同じ効果が得られますが、888倍と比較するとその効果は半分以下にしかならないことが改めて認識される次第です。

■ハイレバを利用して圧倒的な資金をつくるなら888倍

こうしてみますと、とにかく短期間に圧倒的な資金を作り出すためには、やはり400倍や500倍ではなく1000倍に近い888倍をうまく利用していくことが大きなポイントになるということだけはご理解いただけると思います。

100万円の資金を例にとりましたが、一つ桁の少ない10万円を888倍で運用することを考えても、国内の25倍レバレッジでは350万円に相当するわけですから、このレバレッジをうまくつかって取引ができれば、国内で10万円からFX投資を始めるのとはまったく異なるものを実現していくことができるようになるわけです。

だからこそ海外FXでは、400倍や500倍の口座ではなく888倍のレバを活かせるXMをお勧めしたいのです。

しかもXMの口座は総計で2万ユーロ、足元の日本円で260万円弱の金額になりますと自動的にレバレッジが200倍にダウンするような仕組みになっていますから、もともと888倍を活かせるのはせいぜい100万から200万円の証拠金が基本となっているのです。

人によっては100万円でも莫大な投資資金かも知れませんが、とにかくXMならば気が遠くなるような多額の資金を持ち込まなくても、十分に効率的な投資ができる環境が設定されることになるのです。

■ハイレバ888倍はリスクも25倍レバの35倍

但しこの888倍というレバレッジは、通常の金融業界のレバレッジ投資からみると驚くほど大きなレバになっていますから、この環境で成功を収めるのはそう簡単な話ではありません。

皆さん儲かるときのことだけ考えてハイレバに期待されますが、含み損が出始めると888倍は損失も888倍に増幅されるわけですから、とにかく損失が広がらないように驚くほと速やかに損切をするといった行動が必要になってくるのです。

25倍のレバレッジと比較すれば、損失は35倍のスピードで膨れ上がりますから、のんびり放置しておけばすべての証拠金を一瞬で失うリスクと常に直面することになります。

ハイレバレッジの取引環境で生き残るためにはこうした過酷な損失リスクをかいくぐれる能力と技量を身につけなくてはならないのです。

400倍より888倍のレバのほうが資金効率がいいのは当たり前の話ですが、それをうまく使いこなせるのかどうかが最大の問題になってくることを忘れてはなりません。

とにかくハイレバの海外FXに口座を開設さえすれば、打ち出の小槌のように利益を上げることができるようになるというのはとんだ錯覚で、そもそも国内で5倍や10倍、25倍といったレバレッジ環境で満足に利益をあげられない個人投資家は、888倍の環境にいきなりデビューしても証拠金をただすり減らすだけに過ぎません。

短期売買をどうやったら利益が出せるのかとか、スキャルピングのエントリーをどうすればうまくなれるかといった話は、ハイレバレッジ環境に口座を開いてもまったく解決しないことだけはよく理解しておく必要があります。

やはりハイレバレッジの海外FX口座で、それなりの成果を収められる人は、国内の取引環境でもしっかり利益は出せるタイプである必要があります。

そのうえで、きわめて特殊なハイレバという取引き環境に対応した売買手法を自ら体得していくという心構えが必要です。

FX初心者がハイレバレッジFXで、どのように儲けていくかといったコンテンツがネット上にもそれなりに出回っていますが、正直なところそんな方法は存在しないのが現実です。

ハイレバのFXは車の世界でいえば、ハイスピードのレーシングカーを操るような特別な技量を求められますから、免許取り立てでオートマチック車しか乗れないような輩が参入できる世界ではないことはしっかり認識しておくべきでしょう。

■ESMAのレバ規制実施でハイレバを提供する業者はごく僅かな存在に

ところで2018年7月末から、EU圏の金融監督部門であるESMA・欧州証券市場監督局がFXとCFDのレバレッジ規制を実施することになり、EU圏でビジネスをする多くのFX業者が、最大30倍という国内の状況とほとんど変わらないよいうなレバレッジ環境へと取引条件を下げることが決定しています。

SMAのレバ規制実施

上の表は、ESMAが発表したFX.CFDほかの商品のレバレッジ上限ですが、メジャー通貨ペアで30倍、マイナーで20倍となっていますので国内の業者で取引したのと殆ど変わらない状況が、この7月末からスタートすることになってしまったのです。

XMはこうした事態を見越して、ハイレバレッジとボーナスを日本人個人投資家が海外FX業者を利用する最大のメリットと認識したことから、あえて欧州市場に対応するエンティティと日本人向けのエンティティを分け、日本人向けはセーシェルを本拠地としたことから、7月以降も888倍のハイレバレッジとボーナスプログラムをESMAの規制の影響を受けることなく提供してくれることとなっています。

今後はハイレバとボーナスを提供する海外FX業者は、かなり限られた存在になりそうで、XMはそうした中では益々存在感を増してくることが考えられます。

【XMの各種ページ案内】

XM公式サイトTOPページ⇒

XMデモ口座⇒

XMのボーナス⇒

XMの計算ツール⇒

XMのウェビナー動画⇒

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*