XMの口座開設での審査や書類について

XM審査

XM Trading(以下XM)はレバレッジ888倍とかなりの高倍率をかけることができる海外FX業者です。

そんなXMの口座開設はとても簡単。審査や必要書類の確認を含めて1時間程度で取引まで進むことができます。

しかしFXの審査や必要書類って、どんなものなのか分からないという人も多いでしょう。

そこでこの記事は、XMの口座開設に必要な書類や、年齢や職業についての条件などを解説していきます。

XMの口座開設に必要な書類とは?

まずはXMの口座開設に必要な書類について見ていきましょう。

XMでは取引を開始するために、口座開設をして口座の有効化手続きをする必要があります。

そして口座有効化のときに必要書類を提出する必要があるのです。

なぜ書類提出が必要なのでしょうか。

XMの「よくある質問」にはこう書いてあります。

認可された会社として、当社は当社の主たる規制機関であるFinancial Services Authority (FSA)より課される法令に従い諸手続の管理、運用を行います。

これに伴い、有効な身分証明書およびお客様がご登録の際に用いた住所を確認することができる最近(過去6ヵ月以内)の公共料金の請求書もしくは銀行口座の明細書など、必要書類をお客様よりご提出頂きます。

XMのような金融機関に認可されたFX業者では、不正利用やなりすましなどを防ぐために本人確認などを必要としています。

ユーザーが安全に取引ができるようにこのような認証を設けているのですね。

XMの口座有効化に必要な書類は次の2種類。

・本人確認書類
・住所確認書類

ひとつずつ見ていきましょう。

XMの口座有効化に必要な書類①本人確認書類

XMでは、口座有効化に当たって本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類として認められるのは次の通り。

・運転免許書
・パスポート
・写真付きの住基カード
・マイナンバーカード(住所証明書との併用は不可)
・外国人登録証
・在留カード
・写真付きの障害者手帳

このような、「顔写真が入っている身分証」が本人確認書類として使用することができ、このうちのいずれか1つを提出する必要があります。

XMでは、これらの書類をスマホなどで撮影してアップロードすることで本人確認としているのです。

XMの口座有効化に必要な書類②住所確認書類

XMの口座有効化には住所確認書類も必要とされています。

このとき住所確認書類とできるのは次の通りです。

・健康保険証
・マイナンバーカード
・住民票
・学生証
・公共料金の領収証か請求書
・電話料金の請求書か請求書
・クレジットカードや銀行の明細書か請求書
・納税関係の書類

これらのうちいずれか1つを、本人確認書類と同様にスマホなどで撮影しアップロードする必要があります。

またこれらの書類は、発行されて6ヶ月以内のものである必要があるので注意しましょう。

XMの口座開設時に提出する住所はどの住所が使える?

前の章では、XMの口座開設に必要な書類について解説しました。

この章では、提出する住所はどの住所が使えるか解説します。

上で解説したように、XMの口座開設には住所確認書類を提出する必要があります。

XMでは申し込み時に記入する住所と、住所確認書類が同じでなければなりません。

そのため現在住んでいる住所と、住所確認書類に記載されている住所が異なる場合、住所確認書類に合わせて住所を記入する必要があります。

XMの口座開設にかかる日数や期間は?

前の章では、XMの口座開設にはどの住所を記入するか解説しました。

この章では、口座開設に必要な日数や期間について解説します。

XMのサイトでは次のように書かれています。

すべての詳細が正しく入力されていれば、5分もかかりません。

冒頭でも解説したように、XMの口座開設にはほとんど時間がかからないです。

筆者が実際にXMの口座開設をしたとき、リアル口座開設にはおよそ2分、口座有効化のために必要書類のアップロードで3分、その後口座有効化完了のメールが届くまでに1時間ほどと、合計1時間と少しで開設できました。

実際に手を動かしたのはたったの5分だけ。

これらの手続きを行ったのは平日の夜20時ごろだったのですが、時間帯にも関わらずすぐに終わりました。

しかし土日だと、営業日の関係で数日かかってしまうかもしれません。

XMの口座開設で年齢は関係あるのか?

前の章では、XMの口座開設に必要な時間について解説しました。

この章では、口座開設に年齢が関係あるのかを解説します。

日本在住の人がXMの口座開設をする場合、18歳以上である必要があります。

他のFX業者でも18歳以上でないと口座開設をすることができません。

18歳未満の人がXMの口座開設をするには、年齢が18歳になるのを待つしか方法はありません。

年齢は本人確認書類の段階でバレます。

なお、海外居住の人がXMの口座開設をする場合、居住国によって年齢制限は異なるようです。

XMは無職でも口座開設できるのか?

前の章では、XMの口座開設に年齢制限はあるのかを解説しました。

この章では、無職でもXMの口座開設ができるのかを解説します。

XMでは、口座開設や取引をするのは職業は関係ありません。

無職であっても、投資できるお金があれば利用することができます。

もちろんFXはマイナスが出てしまう可能性があるため、ある程度の収入源があったほうがいいでしょう。

XMの口座開設は18歳以上であればすぐにできる!

この記事では、XMの口座開設の審査、必要書類、住所について、開設にかかる期間、職業について解説しました。

XMの取引をするには本人確認書類などが必要で、年齢にも制限はありますが多くの人はすぐに利用することができます。

XMは海外FX業者の中でも人気で、デモ口座を作成して練習してから実際の取引に入ることができる、非常に使いやすいFX業者です。

FXをやってみたい人はぜひXMを利用してみてはいかがでしょうか。

XM公式サイト⇒

SNSでもご購読できます。

コメントを残す