XMの口座開設の手順とオススメ設定

XM口座開設

XMの新規口座開設は、現在はセーシェルに拠点を置くXMTradingで行うことになります。

2018年7月30日から欧州証券市場監督局ESMAは、欧州で取引をするFX業者のレバレッジを主要通貨ペアで最大30倍、マイナー通貨では20倍に規制することになり、XMのキプロス口座も当然のことながらこの規制の対象となり、しかもボーナスやキャッシュバックのインセンティブトレードもすべて規制の下で終了することとなっています。

そのためこれまでのハイレバレッジと、ボーナスプログラムは、セーシェルを本拠地としたXM口座のみで提供されることになりました。

したがって新規口座は、とにかくこちらのサイトから申し込みをするのが最善の方法となります。

FXは典型的なネットビジネスですから、登録はすべてネット上で完結する、いわゆるストレートスループロセッシングの仕組みになっています。

XMの口座開設手順1

IDなどもすべてメールで送られてきますので、非常に簡単に登録、利用できます。

XM公式サイトの、フロントページから口座開設のボタンを押しますと、ほんの数分の入力作業で口座開設が可能になります。

XM公式サイト⇒

入力はごく簡単で住所、氏名、居住国、希望言語、電話、Eメールアドレスを入力し、取引プラットフォームを選択することになります。

XMの口座開設手順2

XMにはMT4とMT5が選択できますし、口座のタイプもマイクロ、スタンダード、ゼロ口座が選択できますが、まず初心者が最初に登録するなら迷わずマイクロ口座でMT4を利用することを選択すべきです。

この口座選択は先行き追加、変更可能ですから、初期設定はまずはマイクロ口座でもっとも使いやすいMT4がお勧めです。

2頁目に進むと個人情報を入力することになります。

XM口座開設の入力項目例

取引口座はJPY(円建て口座)を選択します。

後で修正もききますが、ここでは必須の取引条件となります。

レバレッジはまずは888倍に設定し、ボーナスは受け取るを選択します。

その後投資家情報を入力し、パスワードを設定すれば完了となります。

XMの口座開設手順4

全て入力してクリックボタンをおしますと、Eメールをご確認くださいと表示されますので登録したメールを確認します。

到着したメールをクリックしますと、口座開設は完了です。

よくほかの業者ではカードの盤面をアップするとか、余分な情報を提供させられることもありますが、XMは一切そうしたことはなく最低限の情報だけで口座開設ができます。

但し、実際に取引する場合には本院確認書類の提出が必要です。

運転免許書かパスポートなど本人の写真が添付されているものに、公共料金の請求書で住所が表示されているものをキャプチャするか、スマホなどで撮影してデジタルデータにして送れば完了です。

7月30日以降欧州で取引をしている業者は、すべて最大30倍レバレッジ+ボーナスプログラムなしとなりますので、もはやこのハイレバレッジにボーナスプログラムが残っているXMの口座はきわめて貴重な存在になりつつあります。

最初の設定は、最大限のレバレッジ条件から利用してみることが絶対オススメとなります。

実際に使い始めてから微調整は行えばよいのです。

XMでは一つの登録で8つの口座まで開設できますので、通貨ペアごとに設定することも可能ですし、レバレッジを変えて登録も可能です。

条件を緩めることはいくらでも簡単にできますので、まずは888倍のレバを体感してみていただきたいと思います。

またマイクロ口座とスタンダード口座は1回ごとの発注のボリュームが違うだけで、あとの取引スペックは同じですから、とにかく円建てマイクロ口座で888倍の設定からスタートし、必要に応じてスタンダード、ゼロ口座へと変化させていくのがもっとも自然で好ましい利用法となります。

プラットフォームもMT4とMT5の選択が可能ですが、最初はネット上でも情報が多くインジケーターもかんたんに無償で入手可能がMT4を利用することをお勧めします。

XMの口座開設を行っているサイトはよくも悪くも情報過多で、すべての設定口座について事細かに説明しているところが多いものですが、初心者が選択すべきものは最初から決まっています。

まずは、その定番の設定から使い始めてみるのがXM利用の定石です。

口座開設後に必要な有効化について⇒

XM口座開設ボーナスの受け取り方⇒

XMの口座開設が完了したら実際に入金。入金手順を解説⇒

 

【XMの各種ページ案内】

XM公式サイトTOPページ⇒

XMデモ口座⇒

XMのボーナス⇒

XMの計算ツール⇒

XMのウェビナー動画⇒

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*